LaTeX文書作成入門

文字の羅列

文字の羅列は、tabbing 環境を使用します。1行目の x で要素の幅を指定します。\= は要素の区切りを表し、\kill は改行を表します。2行目以降の \> は要素の区切り表し、\\ は改行を表します。

入力例

#sh{{ \begin{tabbing} xxxx \= xxxxxxxx \= xxxxxxxxxx \= xxxxxx \kill

      \> あんぱん   \> メロンパン   \> 食パン  \\

価格 \> 80 \> 120 \> 180 \\ \end{tabbing} }}

出力例 intro11-01.jpg

tabular環境

表は、tabular 環境を使用します。& は要素の区切りを表し、\\ は改行を表します。

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c||c|c|c|} \hline

       &あんぱん &メロンパン &食パン \\ \hline\hline

価格 &80 &120 &180 \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-02.jpg

「|c||c|c|c|」の「|」は縦罫線を表し、「||」は縦二重罫線を表します。

「c」は要素を中央に配置する命令で,ほかに,「l(Lの小文字)」は要素を左寄せ,「r」は要素を右寄せに配置します。

\hline は横罫線を表し、\hline\hline は横二重罫線を表します。罫線の指定がない場合、罫線は引かれません。

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{cccc}

     &あんぱん &メロンパン &食パン \\ 

価格 &80 &120 &180 \\ \end{tabular} }}

出力例 intro11-03.jpg

表を横に並べることもできます.

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{cccc}

     &あんぱん &メロンパン &食パン \\ 

価格 &80 &120 &180 \\ \end{tabular} \begin{tabular}{cccc}

     &カレーパン &ジャムパン &クリームパン \\ 

価格 &130 &120 &100 \\ \end{tabular} }}

出力例 intro11-04.jpg

セルの連結

列を横に連結する場合には、\multicolumn{連結する列の個数}{値}{文字列} を使用します。値には、tabular環境の値と同様に、l,c,rや罫線 | を指定することができます。

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c||c|c|c|}\hline

     & \multicolumn{2}{c|}{菓子パン} & 食パン \\ \hline\hline
     & あんぱん & メロンパン & 食パン \\  \hline 

価格 & 80 & 120 & 180 \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-05.jpg

一部のみ横罫線を引きたい場合は,\cline{初めの列-終わりの列}を使用します.\cline{1-3}\cline{1-3}は,二重横罫線を引きなさいという命令です。 たとえば、上の表で食パンを結合して1つで表したい場合は、次のように入力します。

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c||c|c|c|}\hline

     & \multicolumn{2}{c|}{菓子パン} & 食パン \\ \cline{2-3}\cline{2-3}
     & あんぱん & メロンパン &        \\ \hline

価格 & 80 & 120 &180 \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-06.jpg

横罫線が,1,3,5列だけ引きたい場合は,\cline{1-1}\cline{3-3}\cline{5-5} と指定します.食パンを縦に対して中央揃えにしたい場合は,\raisebox を使用します.

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c||c|c|c|}\hline

     & \multicolumn{2}{c|}{菓子パン} & \raisebox{-1.5ex}[0cm][0cm]{食パン}
     \\ \cline{2-3}\cline{2-3}
     & あんぱん & メロンパン & \\  \hline

価格 & 80 & 120 & 180 \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-07.jpg

段組の表

段組の表を組みたい場合は,次のように指定します。

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c|p{10zw}|}\hline 段組 & このように10文字で行が折り返されます.\\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-08.jpg

tabularx環境

列幅を統一したいならば,tabularx 環境を使用します.プリアンブルに \usepackage{tabularx}と入力します。

入力例

#sh{{ \begin{tabularx}{30zw}{|c||X|X|X|} \hline

     &あんぱん &メロンパン &食パン \\ \hline\hline

価格 &80 &120 &180 \\ \hline \end{tabularx} }}

出力例 intro11-09.jpg

列指定 X は,左寄せになります。中央揃えにするためには、新たに次の列指定を定義しなければなりません。 プリアンブルに次を記入します。

#sh{{ \newcolumntype{Y}{>{\centering\arraybackslash}X} %中央揃え \newcolumntype{Z}{>{\raggedleft\arraybackslash}X} %右揃え }} 表で次を記入します。

#sh{{ \begin{tabularx}{30zw}{|c||X|Y|Z|} \hline

     &あんぱん &メロンパン &食パン \\ \hline\hline

価格 &80 &120 &180 \\ \hline \end{tabularx} }}

出力例 intro11-10.jpg

セル内の改行

セル内では\\が使えないので,\shortstackを使う。

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c||c|c|c|} \hline

     &\shortstack{あんぱん\\ジャムパン} &メロンパン &食パン \\ \hline\hline

価格 &80 &120 &180 \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-11.jpg

hhlineスタイル

二重線の格子の形状を変更したい場合は,hhlineスタイルを使う。

=二重重横線
-横線
~横線なし
|横線と重なる縦線
:横線と重ならない縦線
#二重横線と二重縦線が格子状に交差
t最上部で二重線を使う
b最下部で二重重線を使う
*繰り返し,*{2}{#=} とすると、#=#=と同じ意味になる

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c||c|c|c|}\hline

     & \multicolumn{2}{c|}{菓子パン} & 食パン \\ \hhline{|=#=|=|=|}
     & あんぱん & メロンパン & 食パン \\  \hline 

価格 & 80 & 120 & 180 \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-12.jpg

斜線

セルを斜線で区切るには,slashboxスタイルを使う。

左上から右下への斜線backslashbox{左}{右}
左下から右上への斜線shalshbox{左}{右}

入力例

#sh{{ \begin{tabular}{|c|c|c|}\hline \backslashbox{A}{ーB} & L & R \\ \hline L & (5,5) & (2,3) \\ \hline R & (3,2) & (0,0) \\ \hline \end{tabular} }}

出力例 intro11-13.jpg

図表番号

図表番号を出力したい場合は table 環境を利用します。オプションには、次の4つがありますが、これらは必ずしも所望の場所に配置されるわけではありません。

hここに配置
tページの上端に配置
bページの下端に配置
p独立したページに配置

入力例

#sh{{ \begin{table}[htbp] \centering \caption{パンの価格}\label{tab:price} \begin{tabular}{|c||c|c|c|} \hline

     &あんぱん &メロンパン &食パン \\ \hline\hline

価格 &80 &120 &180 \\ \hline \end{tabular} \end{table} }}

出力例 intro11-14.jpg

※center環境は非推奨とのことです。

Package nag Warning: `center' environment in table.
(nag)                Maybe you want \centering instead on input line 21.

Excelアドイン

Excel で作った表を簡単にtablular環境に変換してくれるとても便利な Excel のアドインです。


LaTeX文書作成入門


添付ファイル: fileintro11-14.jpg 269件 [詳細] fileintro11-13.jpg 298件 [詳細] fileintro11-12.jpg 250件 [詳細] fileintro11-11.jpg 234件 [詳細] fileintro11-10.jpg 273件 [詳細] fileintro11-09.jpg 266件 [詳細] fileintro11-08.jpg 234件 [詳細] fileintro11-07.jpg 280件 [詳細] fileintro11-06.jpg 252件 [詳細] fileintro11-05.jpg 307件 [詳細] fileintro11-04.jpg 259件 [詳細] fileintro11-03.jpg 291件 [詳細] fileintro11-02.jpg 257件 [詳細] fileintro11-01.jpg 264件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-05 (金) 13:07:51 (1263d)