[GIS] 基盤地図情報

ArcGISなどのGISソフトでは、国土地理院の基盤地図情報を扱うことができる。

  1. +[[国土地理院基盤地図情報サイト:http://www.gsi.go.jp/kiban/へアクセスします。
  2. 基盤地図情報ダウンロードサービスを利用するためには、ユーザー登録が必要になりました。ユーザー登録後、ログインしてください。
  3. アンケート画面で、利用目的を答えます。
  4. 必要な地図を選びます。ここでは、説明用として基盤地図情報縮尺レベル25000(JPGIS形式)を選びます。(GML形式には対応していない)
  5. 地図を選択します。(選択を増やすとファイルサイズが大きくなります。)
  6. 選択したら「選択して次へ」を選択します。
  7. [全てチェック」を選択し、「まとめてダウンロード」を選択します。
  8. PackDLMap.zipがダウンロードされます。
  9. ZIPファイルを展開します。

ArcGIS国内データ変換ツールを使う場合

ArcGIS10.0以降では、国内データ変換ツールを使ってArcGISのシェープファイルに変換することができます。

  1. ArcGISを起動します。
  2. ArcToolboxを選択し、「変換ツール(国内データ)」-「基盤地図情報」から「基盤地図情報のインポート(Import)」を選択します。
  3. 入力ファイルでxmlファイルを選択します。
  4. 出力ジオデータベースにフォルダを指定します。
  5. OKを押すと変換されるはず。。。できない。。

 

国土地理院基盤地図情報閲覧コンバートソフトを使う場合

  1. http://fgd.gsi.go.jp/download/ から、基盤地図情報閲覧コンバートソフトをダウンロードして展開します。
  2. 新規プロジェクトを選択し、xmlファイルを選択します。
  3. 「OK」を押します。
  4. 地図が読み込まれます。
  5. エクスポートからエクスポートを選択し、全てを選択します。
  6. 出力フォルダを選択します。
  7. 「OK」を選択します。
  8. 変換が終わるまでしばらく待ちます。(PCの能力に応じます。私のマシン)Core2Duo2.33Ghzで福岡県25000行政区画で40-かかりました。)