[LaTeX] LaTeX文書クラス

主な文書クラス

LaTeX では、文書の種類に応じてそれに最適な文書の書式(クラス)が用意されています。

欧文の文書クラス

  • article — 章を含まないような小さめの文書
  • report — 章を含むような比較的大きい文書
  • book — 両面印刷を前提としている本の印刷用

和文(横書き)の文書クラス

以降では、特に断りがない限り、例文のクラスは、jsarticle,jsbook を利用します。

以降,uplatexを利用するので、次のようにクラスを指定します。

入力例

\documentclass]{jsarticle}

jreportクラス相当にするには、以下のようにします。

\documentclass[report]{jsbook}

その他pLaTeX2e新ドキュメントクラス奥村晴彦氏に関するオプションは以下のリンクを参照してください。

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/jsclasses/

和文(縦書き)の文書クラス

縦書きは詳しくないので、以下は備忘録として。

  • tarticle — 章を含まないような小さめの文書
  • treport — 章を含むような比較的大きい文書
  • tbook — 両面印刷を前提としている本の印刷用

その他にスライド用クラスや、各論文誌用のクラス、カスタマイズしたクラスなども使用することができます。

クラスオプション

文書のクラスオプションは省略することができます。また、複数のオプションを指定する場合は、次のように「,」でオプションを結ぶことができます。

入力例

\documentclass[11pt,a4paper]{jsarticle}

 

文書クラスのオプションには次のようなものがあります。

文字サイズ

本文の文字サイズを指定することができます。articleなどの文書クラスでは、オプションで文字サイズの指定がなければ、10ptが本文に適用されます。

  • 10pt
  • 11pt
  • 12pt

用紙サイズ

  • a4paper — A4 サイズの用紙,日本語の場合周囲余白が多い
  • b5paper — B5 サイズの用紙,日本語の場合周囲余白が多い

段組

新聞のような文書の段組を指定することができます。article などの文書クラスでは何も指定しなければ段組されません。

  • onecolumn — 段組なし
  • twocolumn — 2段組

ページの体裁

両面印刷を前提として奇数ページと偶数ページでページの体裁を変えるかどうかを決めることができます。

  • oneside — すべて同じ体裁
  • twoside — ページの体裁は偶数とページと奇数ページとで異なる。

組版の確認

  • draft — 行の右端がはみでたときに印を付ける。
  • final — 最終版。何も印はつかない。

トンボ

A4サイズ用紙にB5版の裁断用のトンボをつける。

  • tombow — トンボに作成日付を入れる
  • tombo — トンボに作成日付を入れない