[Arduino] 第4回 信号の出力

第3回では、サンプルプログラムでLEDを光らせました。
今回は、実際にプログラムを書いてみましょう。

[ファイル]-[新規ファイル]
を選びます。

2つのパートからなります。
setup 設定
loop 実行(ループ)、メインプログラム
になります。

第3回では、LEDの点滅を13番ピンで行いました。今回は11番ピンでやってみましょう。

int LED_PIN = 11; // ピンを11番に設定
int INTERVAL = 1000; //待機時間の設定 1000ミリ秒=1秒
void setup() {
// put your setup code here, to run once:
pinMode( LED_PIN ,OUTPUT); //11ピンから信号(電流)を出力する
}
void loop() {
// put your main code here, to run repeatedly:
digitalWrite(LED_PIN, HIGH); // 10番ピンに電流を流す
delay(INTERVAL); //1秒待つ
digitalWrite(LED_PIN, LOW); // 10番ピンに電流を止める
delay(INTERVAL); //1秒待つ
}

できたらファイルを保存します。日付_BLINKとして保存しておきましょう。
コンパイルして、11番ピンから接続して点滅したらOKです。