[LaTeX] 文章ファイルの挿入

章立ての大規模な文書は,章ごとにファイルを作成し,適当なファイル名をつけて(拡張子はtex)保存します.このとき各ファイルには\documentclassなどの設定は必要ありません.TeXを処理するファイル(親ファイル)に各ファイルを\include{ファイル名(拡張子は省略)}を使って各章や節のファイルを挿入します.\includeは,改ページしてから指定ファイルを挿入します.また両面組オプション(bookクラスなど)は,ファイルは偶数ページに挿入され,奇数ページは白紙となります.

たとえば,親ファイルのfoo.texが,chp1.tex,chap2.tex,chap3.texの3つのファイルを挿入したい場合は,挿入したい位置に次のように命令します.

入力例

\include{chp1}
\include{chp2}
\include{chp3} 

 

エラーチェックのためファイルの一部のみを挿入したい場合には,読み込みたくない\ファイルを指定しているincludeの前に%をつけるか,プリアンブルの中に\includeonlyという命令を使って,特定のファイルだけを挿入することができます.

入力例

\includeonly{chp1,chp2}

 

includeのように改ページをせず,指定した箇所に挿入したい場合は,\inputを使います.

入力例

\input{chp1.tex}

 

\inputを利用する場合は,拡張子をつけておく方がうまく動きます.