[LaTeX] 箇条書き

番号のない箇条書き(itemize 環境)

番号のない箇条書きは itemize 環境を使用します.

入力例

 

\begin{itemize} 
  \item レポートとは何か
  \item レポートの必要十分条件
  \begin{itemize}
    \item 事実の記述
    \item 証拠・証明
  \end{itemize}
\end{itemize}

出力例

itemize環境は、入れ子に応じて箇条書きの記号は自動的に変わります.

箇条書きの記号を任意の記号にしたい場合は,\item[任意の記号] と命令します.

入力例

 

\begin{itemize}
\item[★] レポートとは何か
\item[▲] レポートの必要十分条件
\end{itemize}

出力例

レベル記号の変更

番号なし箇条書きの見出し記号を変更する場合は,プリアンブルで次のように再定義します。

\def\labelitem?{新しい見出し記号}

 

?には,変更したい段の命令(i,ii,iii,iv)を書きます.

番号なし箇条書きの見出し文字

1段目 \labelitemi
2段目 \labelitemii
3段目 \labelitemiii
4段目 \labelitemiv

1段目の見出し記号を「♦」(\diamondsuit) としたい場合は次のように再定義します.

\def\labelitemi{$\diamondsuit$}

番号付きの箇条書き(enumerate 環境)

番号の付きの箇条書きは enumerate 環境を使用します.

入力例

\begin{enumerate} 
  \item レポートとは何か 
  \item レポートの必要十分条件
  \begin{enumerate}
    \item 事実の記述
    \item 証拠・証明
  \end{enumerate}
\end{enumerate}

 

出力例


レベル記号の変更

番号つきの箇条書きの番号を修飾する記号を変更する場合は,プリアンブルで次のように再定義します.

\def\labelenum?{(前部分の記号) \theenum? (後部分の記号)}

 

?には,変更したい段の命令(i,ii,iii,iv)を書きます.

番号つき箇条書きの見出し文字

1段目 \labelenumi \theenumi
2段目 \labelenumii \theenumii
3段目 \labelenumiii \theenumiii
4段目 \labelenumiv \theenumiv

theenum? は,箇条書きの番号を表します.1段目の箇条書き番号を (1) のように変更したい場合は,プリアンブルで次のように再定義します.

\def\labelenumi{(\theenumi)}

 

箇条書きの数字を別の書体 (arabic, roman, Roman, alph, Alph) に変更したい場合は,次のように再定義します.

\def\theenum?{書体の指定{enum?}}

 

?には,変更したい段の命令(i,ii,iii,iv)を書きます.

1段目の数字を小文字のローマ数字で表したい場合は,次のように再定義します.

入力例

\def\theenumi{\roman{enumi}}

 

カウンタの書体は次の通りです.

箇条書きのカウンタの書体

引数 書体 出力例
\arabic アラビア数字 (1,2,3,…)
\roman 小文字のローマ数字 (i,ii,iii,…)
\Roman 大文字のローマ数字 (I,II,III,…)
\alph 小文字アルファベット (a,b,c,…)
\Alph 大文字アルファベット (A,B,C,…)

enumerate パッケージ

enumerate パッケージを使用すると,指定した箇所のレベル記号を変更することができます.

enumerate パッケージのオプション

A 大文字アルファベット
a 小文字アルファベット
I 大文字ローマン
i 小文字ローマン
1 アラビア数字

 

入力例

(プリアンブル)
\usepackage{enumerate}

(箇条書き)
\begin{enumerate}[{[}I{]}]
\item レポートとは何か
\item レポートの必要十分条件
\end{enumerate} 

出力例

[I] で使っている [ や ] はTeXで使われる記号なので,{}で囲みます。

語句説明用箇条書き (description 環境)

語句説明の箇条書きは description 環境を使用します.

入力例

 

\begin{description}

\item[機会費用] ある行動の選択によって放棄された機会
\item[再配分の問題] 1つの体制を前提とした
分配問題の解決策に対して,いかなる修正を加えるのかという問題
\end{description}

出力例


任意のリスト(list 環境)

文献リストのように自分でリストを作成するときは,list環境を使用しますが,これはあまりおすすめしません.

入力例

\begin{list}{}{\setlength{\itemindent}{-0.5truein}}
\item Dasgupta, P., P.~Hammond, and E.~Maskin (1979). ``The Implementation of Social Choice Rules: Some General Results on Incentive Compatibility''. \textit{The Review of Economic Studies}, Vol. 46, No.2, pp.185--216. 
\item Laffont, J.-J. and E.~Maskin (1980). ``A Differential Approach to Dominant Strategy Mechanisms''. \textit{Econometrica}, Vol.48, No.6, pp.15070--1520. 
\end{list}

 

出力例