[LaTeX]ヘッダ・フッタ

※uplatex動作未確認 あまりいじらない方がよい。

ヘッダ・フッターを設定する命令として次の2つが用意されています.

  • \pagestyle{引数} — すべてのページに適用
  • \thispagestyle{引数} — この命令が書かれたページのみその書式が適用される

ページスタイルの引数

引数 内容
plain 標準的なスタイル.フッター中央にページ番号を出力し,ヘッダには何も出力しない
empty ヘッダ・フッターは出力しない
headings ヘッダに情報を出力し,フッターには何も出力しない
myheadings ヘッダに任意の文字を出力することができる.

\myheadingsでは,次のコマンドを使ってヘッダに任意の文字を出力することができます.

#sh{{ \markright{引数} \markboth{偶数ページの引数}{奇数ページの引数} }}

引数

引数 内容
\thepage 当該ページの出力
\leftmark \markbothの引数が収められる.デフォルトは節見出し
\rightmark \rightmarkか\markbothの引数が収められている.デフォルトは章見出し.

なお,これらは,\pagestyle{myheadings} の前に書かなければなりません.

fancyhdrスタイル

fancyhdr スタイルを使うと,簡単にヘッダ・フッターをカスタマイズすることができます.(改良前のfancyheadingスタイルは使用しないこと.)プリアンブルに次のコマンドを入力します.

fancyhdrスタイルの詳細は,スタイルファイル付属のfancyhdr.pdf(\share\texmf\doc\latex\misc)を参照してください.

#sh{{ \usepackage{fancyhdr} \pagestyle{fancy} (ヘッダ・フッターの定義) ヘッダ・フッターの定義 \lhead[偶数ページ]{奇数ページ} 左側ヘッダの定義 \chead[偶数ページ]{奇数ページ} 中央ヘッダの定義 \rhead[偶数ページ]{奇数ページ} 右側ヘッダの定義 \lfoot[偶数ページ]{奇数ページ} 左側フッターの定義 \cfoot[偶数ページ]{奇数ページ} 中央フッターの定義 \rfoot[偶数ページ]{奇数ページ} 右側フッターの定義 \renewcommand{\headrulewidth}{値} ヘッダの線の太さ \renewcommand{\footrulewidth}{値} フッターの線の太さ }}

[]を省略すると,{}で指定された内容が偶数ページ・奇数ページの両ページに適用されます.

定義の中には,次のようなものが指定できます.

引数

引数 内容
\thepage 当該ページの出力
\leftmark \markbothの引数が収められる.デフォルトは節見出し
\rightmark \rightmarkか\markbothの引数が収められている.デフォルトは章見出し.