[Windows]HDDのバックアップ

HDDがよく壊れるなと思っていたところ、よくよくみてみたら、稼働しているHDDが11台もあれば、1年の内1個は、当然、壊れるでしょう。
これまでにも、HDDが壊れて、泣くはめになり、google DriveやOne Drive, Dropboxなどを使って、クラウド上でのバックアップも行っていました。
 一方で、クラウドに挙げるのはちょっと怖いファイル群は、HDDに保存しておきたいもの。RAID1に保存していても、基盤が壊れるとお手上げ。外付けHDDが一番安心。できれば、USB3.0を直接PCにつないでおきたい。もちろん、ケーブルも純正で、延長ケーブルを使ったり、USBハブを噛ませたりしない。

 本題ですが、いろいろフリーのバックアップソフトを探したのですが、気軽に使えるモノがない。ようやく、見つけたのでここに記録として残しておきます。

かなり前からありますが、FastCopy です。 インストール自体は問題ないのですが、使い方がわっぱり分からない。そこで、バックアップの仕方を紹介(自己責任でお願いします。)

  1. バックアップをとりたいフォルダをSourceに列挙する。1フォルダ1行。
  2. バックアップ先を登録する。H:\bak (円マークがないとフォルダごと保存される。挙動を一旦確かめるとよい)
  3. ジョブ管理で、ジョブを登録する。名前はとりあえずbakにしておく。

実行を押せば、手動でバックアップできる。これを定期的に行いたい!!!これが分からなかった。windows10ならば、次の方法でできるようです。

  1. ジョブ登録の下にWindowsタスクスケジューラを起動するがあるので、これを押す。
  2. タスクスケジューラの操作からタスクの作成を選ぶ。
  3. 名前は「FastCopy」などとしておく。
  4. 操作タブを選び、プログラムを指定する。
  5. “C:\Program Files\FastCopy\FastCopy.exe”
  6. 引数に/job=bak(先ほどジョブにつけた名前)
  7. トリガータブを選択し、スケジュールを登録する。
  8. 毎日1時に1回実行など

以上で、毎日1回バックアップを行っている。差分、世代、いろいろ設定ができる。私の環境はミラーリングの差分なので、1回目は時間がかかるが、2回目からファイルの変更がない限り、時間はかからない。基本はWindowsのファイルのコピーでメモリを食うので、PCを使わない時間帯がおすすめ。

自己責任でお願いします。