[Google Maps Platform] APIの取得

2018年7月16日より、価格改定が行われ、(仕様は6月から)Google Maps API などが、Google Maps Platform に統合され、再び APIキーが必要になりました。また、無料版という概念がなくなり、一定のアクセス数までは無料なため、基本有料で、クレジットカードの登録が必要となり、ハードルが高くなりました。。。
https://cloud.google.com/maps-platform/?hl=ja
より、使ってみるを選択します。

  1. マップ(Maps)
  2. 経路(Routes)
  3. 場所 (Places)

これまで、有償だったサービスも統合されたので、3つの選択肢を選ぶことができます。ここでは、すべて選択します。(通常は必要なもののみチェックします)

次に、プロジェクトを作ります。「My Project」にし、なくなく同意します。

プロジェクト「My Project」にたいして、請求アカウントを登録します。

APIキーが発行されます。

URIなどで、APIキーを不正使用できないよう設定することができます。

また、無料枠を超えないようコンソールで制限をかけることもできます。

https://console.cloud.google.com/google/maps-apis/api-list?consoleUI=CLOUD&hl=ja

[Google Maps Platform] 特定の場所をGoogle Mapで表示する

https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/tutorial?hl=ja を参照。

再び、APIキーが必要となりました。

日本文理大学の位置を表示します。

http://www.geocoding.jp/ などで、日本文理大学の緯度経度を調べます。

地図中央値(WGS84) 緯度: 33度13分52.258秒(33.231183) 経度: 131度43分27.688秒(131.724358) OLC: 8Q5H6PJF+FP

TeraPad、秀丸エディタなど、文字コード UTF-8 に対応したテキストエディタを使って HTMLファイルを作成します。ファイルの文字コードはUTF-8で保存します。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Simple Map</title>
    <meta name="viewport" content="initial-scale=1.0">
    <meta charset="utf-8">
    <style>
      /* Always set the map height explicitly to define the size of the div
       * element that contains the map. */
      #map {
        height: 100%;
      }
      /* Optional: Makes the sample page fill the window. */
      html, body {
        height: 100%;
        margin: 0;
        padding: 0;
      }
    </style>
  </head>
  <body>
    <div id="map"></div>
    <script>
      var map;
      function initMap() {
        map = new google.maps.Map(document.getElementById('map'), {
          center: {lat: 33.135258 , lng: 131.4327688},
          zoom: 8
        });
      }
    </script>
    <script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=取得した
APIキー&callback=initMap"
    async defer></script>
  </body>
</html>